そつせい

卒制でまだホワーンとしている。

私の作品はデザインでもアートとも捉えてもらえないような作品。
私はアートだと思っている。

私の「デザインとして見て欲しくない気持ち」っていう思想をネガティブだと思っていて。まだ自分が、この作品は〇〇だ!って言えないせいだ。そうなんだ。
インタラクティブアートやってみたいと思ったのも、メッセージ性とかよりも「楽しそう」だったから。論理的な思考欠如してるんだ。笑

考え方がすごく定まっていない理由として
・要素がいっぱいある。要素を増やすことは誰にでもできる。という考え
・「デザインじゃない」という「じゃない」のネガティブな発言
・50人中1人に分かって貰えばいいという気持ちだけど、もしかしたら誰にも分かって貰えないかもしれないという不安(作品を見ただけだったら)
・ここではアートだデザインだと話しているけど、私のは皆(一般人)がやってるフツーーーのことをやっているだけなのでは?

かなー。これらのせいで自信が持てない。
やっぱり人の評価って自信につながるから。でも人に分かって貰えない=評価されない、だから。

後悔はしてない。まだこの卒制でやりたいこと色々あるし、実際結果を見てみたい。きっと何も変わらないけど、もしかしたら現状が変わるかも。そう考えたらワクワクするなー。
わたしの卒制の良いところ、皆と違って良いところは、これから結果が出るところ!
皆の卒制は美術館の展示で終わり、まぁゲストとかに評価されて有名になる人もいるかもしれない。
でも私の作品は、これからの結果も含めて作品だから!美術館で終わりじゃない楽しさよ〜

あと、私の作品みて、なんだこれ?って少しでも疑問に思う人がいたらいいなぁ。
分かりやすいアートじゃないけれど、なんだこれ?って。何がしたいんだこの人?って思ってくれたらなぁ…。
広告を非表示にする