読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩みから理想の話

自分お金大好きだから人にお金使うのがすごい辛くなる時がある。でも、人にお金使うこと自体が嫌なわけじゃなくて、自分に使いたいのに余裕がない時。なんかこんな私みたいな人間が子供できたらやばそーだよね。どうなんだろ
でもすんごい悩んで悩んで、もうどうしようもないことにひたすら悩みまくったあとに、もうどーーでもいいや!って思うことの繰り返しである。どーでもいい、お金なくなったらその時だ〜みたいな。
人付き合いのためにお金がなくなるのが嫌なら諦めればいいじゃんって親に言われたけど、その人付き合いが表面上のものとかだったら即断ってるよ。本当に行きたいんだもん。私は全部本当に行きたいし本当にやりたいの。

しかし最初からそう言えるわけじゃないんだ…悩みまくって悩みまくってプチーンと糸が切れないとその答えに到達できないんです。人に何言われようが納得できるのは自分の答えだけなんです。前の記事でも同じようなこと言った。

欲張りだなぁ、と自分でも思います。でも人生は1回きりだもんね〜とありきたりな答えになるである
はぁ…まぁ何事も計画性のなさ。原因ですね。あ〜のんびり暮らしたーい。仕事して帰ってきてふわ〜として時々旅行行って親孝行して若いうちに可愛いもの着て、お金になる自分独自のもの生み出して(?)、結婚して子供と一緒に買い物行ってお弁当箱とか買いたーい
はぁ。子供のお弁当箱と箸と水筒選びたい…お弁当袋作ったりしたい…何の話やら〜
豊かな暮らし…死ぬまでにどんなことをしよう…豊かな暮らしにはお金が必要だな…豊かな暮らしって豪邸とかじゃないぞ、こう、家具とかこだわった自分の理想の部屋で、陽が当たってみたいな。仕事もして経済に関わってる自分で。多分身を引き締めるものがないと堕落するから笑

現実にしたいな〜おやすみなさい。
広告を非表示にする